簿記とは(単式簿記と複式簿記)


  簿記とは?

   実は「帳簿記入」が略されたものだといわれています。
   つまり、簿記とは“帳簿を記入すること”をいうのです。



  単式簿記とは

   一つの事だけしか記入・記録できない、不完全な簿記のこと。

    (例) 小遣い帳 ・ 家計簿 など


  複式簿記とは

   二つの事を同時に記録する簿記。(普通「簿記」といえば、この複式簿記をさします)
   これから勉強する簿記はこちらです。

    (例) 仕訳帳 ・ 総勘定元帳 など  ← 今は、まだ知らなくて当然です


  単式簿記と複式簿記のちがい


   (具体例)手持ちの小遣いが20万で15万円のパソコンを買った場合。

   単式簿記(小遣い帳)だと、現金の収支金額しか記入しないので・・・

   (手持ち)20万-(支出)15万=(残高)5万円
   という現金の流れだけしか分かりません。



   複式簿記(仕訳帳)だと、現金の減少だけでなく、
   15万の備品(パソコン)の増加という事も同時に記録します。(これを仕訳といいます)

   (仕訳例)   備 品 15万円 / 現 金 15万円

   このような例(パソコンの購入等)は、“簿記上の取引”と呼ばれます。
   この簿記上の取引は、全て二面性を備えています。

   お金は減っても、PCは残るという訳です。