仕訳のルール(PART1)


    仕訳の仕方

       1) 簿記上の取引を頭の中で2つに分解する
 
       2) 複式簿記のルールに従い、勘定科目に振り分け記入する



   【具体例】

   『 1,000円の商品を現金で仕入れた 』 を仕訳してみましょう。


   まず、1番目に取引を分解します。
   『商品が1,000円増えた』 『現金が1,000円減った』

   次に、資産は増加を借方(かりかた)に、減少を貸方(かしかた)に書くという
   複式簿記のルールに従い以下の様に記入します。
   (商品も現金も、資産をあらわす勘定科目なのです。)
  
   (借方) 商 品 1,000 / (貸方) 現 金 1,000
   



  借方(かりかた)と貸方(かしかた)


   帳簿の左側を『借方』・右側を『貸方』と呼びます。 その他に意味はありません。
   「かりかた・かしかた」という名前に変にこだわってしまうと、簿記が嫌いになってしまうか
   も知れませんよ。(笑)



  資産以外の記入の仕方は?


   上で述べた通り、資産の増加は借方に(減少は貸方に)記入します。
   資産以外の増加を、借方(左)と貸方(右)のどちらに記入するかは、以下の通りです。
   ※ 減少は、増加の反対側に記入します


    ★ 負債(借入金など)・・・資産の逆の性質なので、増加を貸方(右)に記入します

    ★ 資本(資本金など)・・・負債と同じく、増加を貸方(右)に記入します

    ★ 収益(売上など)・・資本の増加の要因となるので、資本と同じ(発生を貸方(右)記入)

    ★ 費用(仕入など)・・・・・収益の反対の性質なので、発生を借方(左)に記入