簿記3級の無料講座簿記3級の無料講座『ぼきのき』
日商簿記サイトはこちら

TOP 簿記講座 用語集 勘定科目 仕訳問題 FAQ リンク集
工業簿記講座(ちょっとだけ)
工業簿記を勉強する前に、ここに注意→ 経理事務ドットコム


  工業簿記とは(商業簿記との違い)



     工業簿記とは、材料を購入し、加工し、製品を作る工程を簿記で表現したものです。

     言い換えると、工業簿記はメーカーのための簿記なのです。


     (商業簿記は、「商業」ですから、出来あがった商品を仕入れそのまま売るだけです。)




  工業簿記の財務諸表(製造原価報告書)


    工業簿記では、商業簿記で学んだ「貸借対照表」「損益計算書」の他に

    「製造原価報告書」が作成されます。

    これが工業簿記の特徴であり、工業簿記最大の目的でもあるのです。


    この「製造原価報告書」は、「損益計算書」の内訳を表す財務諸表で、

    当期の製造原価が分かります。

   (製造原価=製品を作るのに要した人件費・外注費・経費)




  工業簿記でいう原価とは


    工業簿記では原価の考え方が、大きく2つあります。


    一つは、先ほど出た、製品を完成させるために要した費用「製造原価」です。

    もう一つは、その製品を販売するのに要した費用(販売費一般管理費)を含めた総原価です、




  製造原価の中身


    工業簿記で扱う製造原価は、次の3つに分けることが出来ます。

    材料費・・・その製品の材料となる費用

    労務費・・・その製品の労力となる費用

    経費・・・材料費・労務費に含まれない費用




  工業簿記の必要性


    すでにお話の通り、工業簿記は「メーカーの為の簿記」です。

    従って、小売業やサービス業では一切使用しません。


    今後の進路や適正を見極めてから、工業簿記に挑まれる事をお勧めします。



前の講座 / 経理事務.comへ
 

Copyright (C) 2014 簿記のきほん研究会 All Rights Reserved.

 
SEO [PR] 住宅ローン フラワーギフト 必勝祈願 冷え対策 動画 無料レンタルサーバーSEO