簿記3級の無料講座簿記3級の無料講座『ぼきのき』
日商簿記サイトはこちら

TOP 簿記講座 用語集 勘定科目 仕訳問題 FAQ リンク集
WEB版簿記3級講座(No.6)
仕訳のルール(PART2)

  取引の8要素の結合関係


   取引は以下の8つに分類されます。(取引の8要素)
   「資産・負債・純資産(資本)」の増加・減少(6)と、「費用・収益」の発生(2)です。
   これらの8要素を借方・貸方いずれに記入するのかが下の図に書かれています。

   特に、
増加(発生)側に注目して、下の財務諸表を見て下さい。


    



  貸借対照表(決算時点での財務状況)







 資  産 : 現金・商品・貸付金 など

 負  債 : 借入金・預り金 など

 純資産 : 資産から負債を控除した差額
         (いわゆる“正味財産”)





  損益計算書(会計期間での経営成績)






 費  用 : 仕入・通信費・支払利息 など

 収  益 : 売上・受取利息 など

 当期利益: 収益から費用を控除した差額
         (いわゆる“儲け”)





  仕訳のポイント

   取引の8要素の図と、財務諸表を見比べてもらうと一目瞭然ですが、
   「資産・負債・純資産・費用・収益」
全ての増加(発生)は、財務諸表で表示される側に記入
   
すればよいという事が分かります。(減少は、増加の反対側に記入するんでしたね)
   ですので、仕訳は・・・
   
財務諸表の構成を覚え、次に勘定科目を覚えてしまえば自ずと出来てしまうものなんです。

   次回からは、いよいよその勘定科目を勉強していきましょう!



   ★ ★ ひとやすみ ★ ★

   これで「ぼきのき」の無料簿記講座【基礎編】は修了です。
   ここまでお読みいただいた皆様、どうもお疲れ様でした。
   どうですか?簿記も結構面白そうでしょう。
   この後の【発展編】も是非頑張って下さい!

   これまでの内容で、あまり簿記に興味を持てなかったという方は、
   残念ですが、こちらから他の資格を調べてみてください。


前の講座 / 次の講座
 

Copyright (C) 2014 簿記のきほん研究会 All Rights Reserved.

 
SEO [PR] 住宅ローン フラワーギフト 必勝祈願 冷え対策 動画 無料レンタルサーバーSEO