簿記3級の無料講座簿記3級の無料講座『ぼきのき』
日商簿記サイトはこちら

TOP 簿記講座 用語集 勘定科目 仕訳問題 FAQ リンク集
WEB版簿記3級講座(No.8)
当座預金


 
 当座預金とは?(普通預金とのちがい)

    ○ 当座預金には利息がつかない
    ○ 小切手の振り出しに必要
    ○ 預金残高が足りなくても限度額まで引き出しができる(当座借越契約)

  当座預金の経理処理(比較)



   【A法】   「当座預金」と「当座借越」勘定を使う方法

   当座預金の残高がプラスの間は、資産である「当座預金」勘定を使用する。
   当座預金の残高がマイナスの間は、負債である「当座借越」勘定を使う。
   (資産の増加は借方・負債の増加は貸方でしたね)


   【B法】   「当座」勘定のみを使用する方法

   当座預金の残高に関わらず、全て「当座」勘定で処理する方法。
   (増加は借方・減少は貸方)
 


   【例 題】 当初預金残高が600円の場合

  1. 当座預金から現金1000円を引き出した。
  2. 当座預金に現金200円を預け入れた。
  3. 当座預金に現金500円を預け入れた。
【A法】 「当座預金」「当座借越」 【B法】 「当 座」
1  現  金 1000 / 当座預金  600
           / 当座借越  400
 現 金 1000 / 当 座 1000
2  当座借越 200 / 現  金  200
 当 座  200 / 現 金  200
3  当座借越 200 / 現  金  500
 当座預金 300 /
 当 座  500 / 現 金  500

   【補 足】

   「当座」勘定のみを使用するB法の場合、

   ○ 当座勘定の借方に残高がある時・・・「当座」勘定は
資産を表す
   ○ 当座勘定の貸方に残高がある時・・・「当座」勘定は
負債を表す
 

       

  つまり、上の例では借方残高(300円)なので、「この時の当座勘定は資産」という事です。


前の講座 / 次の講座
 

Copyright (C) 2014 簿記のきほん研究会 All Rights Reserved.

 
SEO [PR] 住宅ローン フラワーギフト 必勝祈願 冷え対策 動画 無料レンタルサーバーSEO