簿記3級の無料講座簿記3級の無料講座『ぼきのき』
日商簿記サイトはこちら

TOP 簿記講座 用語集 勘定科目 仕訳問題 FAQ リンク集
WEB版簿記3級講座(No.14)
手形による取引(Part1)


  手形の概要


    手形には2種類あります。約束手形ともう一つは為替手形です。
    名前からして2つは異なる物なんですが、
いずれの手形であろうとも!!

     ・手形に関わる債権は・・・「受取手形」勘定(資産)
     ・手形に関わる債務は・・・「支払手形」勘定(負債) で処理します。


  約束手形の処理

    約束手形は、手形の振り出し人が受け取った人に手形代金を支払うことを
    約束した有価証券です。
    手形には支払日が記載されており、通常は受け取った人が銀行に「取立て」
    にまわしておき、支払日にその人の通帳に手形代金が入金されます。

    【例 1】 約束手形100円による商品売買。

    (受取人) 受取手形 100 / 売上 100
    (振出人) 仕入 100 / 支払手形 100


         【例 2】 上記の約束手形が支払期日を迎え、決済された。

         (受取人) 当座預金 100 / 受取手形 100
         (振出人) 支払手形 100 / 当座預金 100


  為替手形の処理

    為替手形は、先程の約束手形と違い、
手形の振出人は直接手形債務を負いません

    為替手形は名宛人(なあてにん)が受取人に、手形代金を支払います。
    振出人は、名宛人に対して受取人への代金の支払いを委託するのです。

    この場合、名宛人は(実際には手形を発行していませんが)手形債務を負うので
    「支払手形」勘定を用い、受取人は手形債権を得ますので「受取手形」勘定を使用します。



     【 例 】  為替手形100円による商品売買。


     (受取人)  受取手形 100 / 売上 100

     (名宛人)  買掛金 100 / 支払手形 100
       ・・・支払いを委託された人。振り出し人に対して買掛金があったものとしています

     (振出人)  仕入 100 / 売掛金 100
       ・・・支払いを委託した人。名宛人に対して売掛金があったものとしています


    ※ 約束手形は2者間の取引で、為替手形は3者間の取引です
              ややこしいかも知れませんが、覚えてしまえば簡単です。



前の講座 / 次の講座
 

Copyright (C) 2014 簿記のきほん研究会 All Rights Reserved.

 
SEO [PR] 住宅ローン フラワーギフト 必勝祈願 冷え対策 動画 無料レンタルサーバーSEO