簿記3級の無料講座簿記3級の無料講座『ぼきのき』
日商簿記サイトはこちら

TOP 簿記講座 用語集 勘定科目 仕訳問題 FAQ リンク集
WEB版簿記3級講座(No.21)
収益・費用の繰り延べ


  収益の繰り延べ


     収益の繰り延べとは、“翌期に計上すべき収益を計算して繰り延べる”ことです。


      【具体例】 今期1月に受け取った受取家賃600円(1月〜6月分前払い)の翌期分を
             繰り延べる (当社は3月決算の会社である。)


      【仕 訳】  受取家賃 300 / 前受収益 300


      【解 説】 1月の家賃受け取り時に、「(借方)現金600(貸方)受取家賃600」と記帳
            済みである。
            しかし、当期分の収益は1〜3月分だけであり、4〜6月分は翌期の収益で
            ある為、借方に「受取家賃」勘定を用い、収益を減額させている。

            翌期分の代金を事前にもらっているのだから、貸方には負債を表す
            
「前受収益」勘定を使用する。




  費用の繰り延べ


     費用の繰り延べとは、“翌期に計上すべき費用を計算して繰り延べる”ことです。


      【具体例】 今期1月に支払った支払家賃600円(1月〜6月分前払い)の翌期分を
             繰り延べる (当社は3月決算の会社である。)


      【仕 訳】  前払費用 300 / 支払家賃 300


      【解 説】 1月の家賃支払い時に、「(借方)支払家賃600(貸方)現金600」と記帳済
             みである。
             しかし、当期分の費用は1〜3月分だけであり、4〜6月分は翌期の費用
             である為、貸方に「支払家賃」勘定を用い、費用を減額させている。

             翌期分の代金を事前に支払っているのだから、借方には資産を表す
             
「前払費用」勘定を使用する。



   ★ ★ ひと休み ★ ★

  この「ひと休み」コーナーも、もうこれで最後です。
  今まで色んな資格を紹介してきましたが、興味の持てる資格は見つかりましたか?
   「何か他の資格も挑戦したい」

  そうは思ってはいても、それが何か分からない。でも、せっかく勉強した簿記も無駄にしたくない。

  そんなあなたは、迷わず「経理実務」を勉強しましょう!
  ここまで、簿記講座を読み進めてきたあなたなら必ずものに出来るはずです。


      経理事務ドットコム・・・じつは、こちらも私の作ったホームページです。
                     (経理希望者を応援しています。)



前の講座 / 次の講座
 

Copyright (C) 2014 簿記のきほん研究会 All Rights Reserved.

 
SEO [PR] 住宅ローン フラワーギフト 必勝祈願 冷え対策 動画 無料レンタルサーバーSEO