用語内容
移動平均法商品の払出単価を決定する方法の一つ。商品を仕入れる都度、総仕入額と総個数をもとに平均単価を計算する
裏書受け取った手形を、満期日を待たずに他人に譲渡すること
売上原価当期に売り上げた商品の原価をいう。前期繰越高と当期仕入高との合計から次期繰越高を控除した残高
売上総利益粗利益ともいう。純売上高から売上原価を控除した差額
英米式決算法決算の方法。資産・負債・資本の残高を仕訳帳に記録することなく元帳の上で翌期に繰り越すという特徴がある
用語内容
会計期間企業の財務状況や経営成績を計算する為に設ける一定期間のこと、通常は1年とする場合が多い
貸倒れ貸付金等の金銭債権がその貸付け先の倒産等により回収不能となること
借方・貸方帳簿や財務諸表の左側を借方、右側を貸方という
為替手形手形の一種で、満期日に名宛人が受取人に手形代金を支払うことを約したもの(振出人は手形債務を負わない)
勘定科目取引を記帳する計算単位のこと
期首・期中・期末それぞれ会計期間の始め・期間中・終わりを意味する
決算財務諸表を作成する為に、期末に行なわれる作業。試算表の作成や帳簿の締め切り等がある
減価償却固定資産の価値は時の経過と共に減少する、その減少分を当期の費用とし、固定資産の帳簿価額を減額することを減価償却という
現金出納帳現金の収支を記録する補助記入帳
工業簿記製造業の生産活動を簿記で表現するもの。2級で初めて出題される
固定資産現金などの流動資産、商品などの棚卸資産と異なり、企業が長期間使用・保有する資産(建物・車両等)
用語内容
財務諸表企業の財務状況や経営成績等を表す表で、貸借対照表や損益計算書などがある
差額補充法引当金等を設定する際、前期から繰り越している残高がある場合、その引当不足額のみを新たに追加計上する方法
先入先出法商品の払出単価を決定する方法の一つ。先に仕入れたものから先に出る(売る)という流れを仮定して決定する
3分法商品売買の処理方法の一つで、「仕入」「売上」「繰越商品」勘定を用いて記帳する、最も一般的な方法
試算表期中の処理の整合性を確かめる為に作成される表のことで、各勘定科目の残高や合計を集計して作成される
資本的支出有形固定資産に対する支出で、単に修理するのではなく、その資産の価値を高めたり使用可能年数が延長するような支出をいう
主要簿複式簿記に欠かせない主要な帳簿で、仕訳帳と総勘定元帳のことをいう
商品有高帳商品の出入りや残高を記録、計算する為の補助元帳
仕訳帳仕訳を発生日順に記録する帳簿
精算表試算表残高をもとに、財務諸表の作成までを一覧にした表で、6桁精算表と8桁精算表等が有る
総勘定元帳全ての取引が混在している仕訳帳と異なり、各勘定科目ごとに整理、記録する帳簿
損益計算書会計期間における経営成績を表示する財務諸表
用語内容
貸借対照表企業の財務状況(資産・負債・資本)を表示する財務諸表
大陸式決算法決算の方法。資産・負債・資本の残高を一度「残高勘定」に振り替えて翌期に繰り越す点が英米式と異なる
単式簿記現金の収支など、単一の事柄のみを記帳する簿記形式をいう(家計簿や小遣い帳等)
定額資金前渡法小口現金にお金を補充する方法で、一定期間の最初に一定額に満たない分だけ前渡しする
定額法減価償却費の計算方法で、毎期同じ金額を償却費として計上する
転記仕訳帳の仕訳を勘定科目ごとに分解し、総勘定元帳に再び記帳する事をいう
伝票会計仕訳を仕訳帳に記帳せず、伝票(入金伝票・出金伝票・振替伝票等)を用いて記録する会計方法
当座借越契約当座預金の残高に関係無く、限度額まで小切手を決済出来る様にする為に結ぶ銀行との契約
当座預金小切手を使用する為に用いる、当座取引契約に基づく無利息の預金
用語内容
バランスシート(B/S)貸借対照表のこと
複式簿記簿記上の取引を「貸借平均の原理」を利用して、借方及び貸方に記帳する簿記の形式の一つ
分記法商品売買の処理方法の一つで、「商品」「商品売買益」勘定を用いて記帳する方法
簿記上の取引一般に知られる取引とは多少異なり、資産・負債・資本を増減させる事象で、金銭で合理的に表わされるものをいう
補助簿主要簿以外の帳簿で、必要に応じ任意に作成するもの。補助記入帳と補助元帳がある
用語内容
約束手形手形の一種で、満期日に振出人が受取人に手形代金を支払うことを約したもの
用語内容
割引受け取った手形を、満期日を待たずに銀行などで現金化することをいう